実は大切な役割|生活習慣病の原因になる中性脂肪とは

レディー

血管を詰まらせる脂肪とは

ガッツポーズの男の人

重大な病気の原因となる

中性脂肪は、体のエネルギーになる大切なものですが、増えすぎると生活習慣病である高血圧や糖尿病、肥満などの病気を発症してしまいます。これが原因で血管が詰まったりして、脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわるような病気も引き起こしてしまいます。中性脂肪は、体についているぜい肉や内臓脂肪だけでなく血液中にも溶け込んでいます。中性脂肪値は、その血管に流れている数値を測ったものです。この数値が高い場合は、同時に悪玉コレステロールが増えていることが考えられます。中性脂肪と悪玉コレステロールが同時に血管を詰まらせたりして動脈硬化を加速させます。動脈硬化は、脳や首筋の動脈が細く固くなるため血液がうまく流れなくなり脳細胞を壊死させたりしてしまうこともある病気です。

その対策とは

中性脂肪値を下げるには、油分や糖質、アルコールの摂り過ぎに注意をすることです。食物繊維の多い、野菜を中心としたバランスのとれた食生活をすることが求められます。また、適度な運動をすることが大事で、激しい運動ではなく有酸素運動をすることが効果的です。それに、DHAやEPAなどイワシやアジなどの青魚に含まれている成分も血液をサラサラにする効果があります。これは、サプリメントなら簡単に必要な摂取量を摂ることができます。また黒酢も効果的で、これにはアミノ酸やクエン酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、内臓脂肪と血液中の中性脂肪を減少させる働きをします。黒酢を直接飲めない人などにはサプリメントもあり、カプセルを1日数粒飲むだけなので簡単です。

Copyright© 2016 実は大切な役割|生活習慣病の原因になる中性脂肪とは All Rights Reserved.